DD.パーマー

身体が持つ自然の生命力、自然治癒力を最大限に発揮させる療法です。

カイロプラクティックは1895年、アメリカ、アイオワ州のダベンポートで磁気治療を行っていたD.D.パーマーによって発見されました。
聴覚障害のあった召使のハービーリラードの背中に、こぶのように突出した部分を見つけ、本人の許可を得てこれを元に戻すように矯正を行いました。するとリラードの難聴は見事に治ってしまいました。これがカイロプラクティックの始まりです。

D.D.パーマーは「私はカイロプラクティックをトーンに基づいて発見した」と言っています。トーンというのは環境に存在する振動、周波数のことです。この言葉はオリジナルのカイロプラクティックが単に骨格を矯正し、身体のバランスを整えるものなのではなく、神経の働きに着目したものであり、神経の周波数を整えるものだということを表しています。

身体の中では神経によってさまざまな情報の伝達が行われています。脳からの命令が神経を通って身体の各部位に伝えられ、身体の各部位の情報が神経を通って脳へと吸い上げられています。神経の働き(周波数)が正常な良い状態であると、体内の情報伝達がうまくいき、心と身体は健康な良い状態を保つことができます。ところが神経の働き(周波数)がうまくいかなくなることがあります。カイロプラクティックではこれをサブラクセーションと呼んでいます。サブラクセーション(神経の乱れ)ができると、体内での情報伝達がうまくいかなくなり、身体に様々な不調、不具合が現れます。カイロプラクティックではこのサブラクセーションを取り除きます。そうすると神経の働き(周波数)が正常に戻り、身体が本来持っている自然治癒力が発揮され、健康な良い状態を現わします。

カイロプラクティックのテクニックは100種類以上あるといわれていますが、当院では新しいテクニックでありながら、カイロプラクティックのオリジナルな考えに基づいたテクニックである、トルクリリーステクニックを採用しています。

 

メニュー・料金へ

ホームへ